南三陸ミシン工房
東日本大震災をきっかけに南三陸で生まれた工房は、ミシンと共に復興の道を歩みます。
南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房
南三陸ミシン工房とは? 取り組み 商品情報 南三陸ミシン工房 ネットショップ 南三陸ミシン友の会 最新情報
南三陸ミシン工房とは?とは
no image
SMAPデビュー30周年おめでとうございます
2021.09.09
本日2021年9月9日は、SMAPの皆さんがデビューして30周年となる記念日です。

SMAPとファンの皆様、本当におめでとうございます。

私たちもこの5年間は、復興支援を懸命に続けるSMAPファンの皆様に支えられてきました。

商品の販売を通じて、ファンの皆様のSMAPへの熱い思いや復興支援への思いが伝わってきました。そして、およそありえないような理不尽な形で突然消えてしまった国民的アイドルグループへの思いが痛いほど伝わってきて、心を揺さぶられました。

そんな熱い思いを抱く皆さんに喜んでもらえたらと、SNSやイベント販売での対話を通して、ファンの皆さまから商品開発のご要望や、メンバーカラーのこと、星やクリップが持つ意味などを教えてもらい、拙いながらもさまざまな5つ星商品を作ってきました。

皆様からのご注文が来るようになった頃は、ちょうど震災から5年が過ぎて世間の関心も薄れ、商品自体もなかなか売れなくなっていた頃で、なにを作ったらいいか、そもそも活動を続けていってもいいのかどうか悩んでいた頃でしたので、皆様からのご注文は本当に有難く、この5年間を歩んでこられたのは紛れもなくSMAPファンの皆様のおかげでした。 この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

それとともに、私たちもこうしてSMAP30周年の記念すべき日に立ち会えたことをとても嬉しく思います。 今日は、いつも以上にSNSにもSMAPへの熱い思いがあふれています。

いつまでもファンをこれだけ夢中にさせるSMAP。

言わずもがなですが、本当に歴史に残る素晴らしいグループです。

そして彼らを思い続けるファンの皆さんの思いがこの上なく美しく輝いています。

今回、SMAP愛を届け隊の皆様からお声を掛けて頂き、30周年を記念する特別な商品を作ってみました。

ランチバッグ、キーホルダー、メガネケースの3アイテムです。

30周年を祝うべく、オレンジで大きくSの字と5つの星と30thという手刺繍を施したものと、東京タワーの刺繍も作ってみました。

これらは、日本・バングラデシュ文化交流会の皆様を通じてバングラデシュの皆さんにお願いしました。 バングラの伝統的刺繍「ノクシカタ刺繍」と言います。

手刺繍なので、機械刺繍と違い素朴な感じですが、小ロットでもオリジナル刺繍をお願いできることと、工賃が現地の方々にとって貴重な収入源となり、子供の学校給食の実現に役立てたり、学費に充てたりするそうです。

ちょうど、コロナ禍と重なってしまい現地も危機的状況となりロックダウンもあったりと大変な状況のなか、刺繍作業を進めてくださいました。

3回目のワクチン接種の話も出ている先進国と違い、バングラデシュではワクチンの確保も大変な様子です。

唐突にバングラデシュのノクシカタ刺繍を使ったSMAPの記念刺繍を作ってしまいましたが、どうかこのような思いもありました。何卒ご了承ください。

商品作りを通して、遠くの誰かの役に少しでも立てればと願っています。

私たちも今年の春に東日本大震災から10年の節目を迎えました。

ずっと応援してくださった皆様には、本当に感謝の気持ちで一杯でした。

必死に歩んできた10年でした。 おかげさまでこの春も震災から10年の節目ということで様々なイベントや企画があり、精一杯対応してきたのですが、4月を過ぎてこれまでの疲れがでてしまったのか体調不良が続き、寝たきりの日々を過ごしてきました。

ずっと続けてきたSNSの発信もすっかり滞ってしまい、ご心配をおかけしました。

その間も、SMAP30周年記念品のことだけは、なんとかあちこちとやり取りを続けてきました。

8月の終わりごろからようやく体調もよくなってきてパソコン作業や会話をすることもできるようになって30周年記念品の商品ページも作ることができ9日に間に合いました。

今回の記念品は限定数の生産となり販売数も少なめですが、もしよかったらお買い求めください。

遠くの被災地を「商品を購入する」ことで応援するということは、皆様にも経済的なご負担もお掛けしてしまいいつも心苦しく思っています。

どうか、ご無理のない範囲で構いませんし、10年経った被災地よりもより逼迫した被災地への支援を優先して頂いて構いません。

学校講演やメディア取材の際には必ずSMAPとファンの皆さんの復興支援を伝えています。

学校で話を聞いてくれる生徒さんたちの中には、毎週月曜夜10時にSNSで「#復興に向けて手を繋ごう」を検索してくれている方もいらっしゃるかもしれません。

さまざまな復興支援があることをそこで知ってもらえるはずです。

いつか必ず5人は再び同じステージに立つ日が来ると信じています。

日本中にこれだけたくさんのファンがいて5人のことをいつも心に思っている人がいます。

叶わないわけがありません。

その日が来るまで、毎日を元気に過ごしていきましょう。

はっぴぃSMAいるBOX 販売ページ→ https://bit.ly/2WTl6I5

キーホルダー(5つ星Sマーク30th記念)販売ページ→ https://bit.ly/3h9ZqhA

星のメガネケース 販売ページ→ https://bit.ly/3l3llrQ

星のランチバッグ 販売ページ→ https://bit.ly/38NHC7u
 
南三陸ミシン工房