南三陸ミシン工房
東日本大震災をきっかけに南三陸で生まれた工房は、ミシンと共に復興の道を歩みます。
南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房 南三陸ミシン工房
南三陸ミシン工房とは? 取り組み 商品情報 南三陸ミシン工房 ネットショップ 南三陸ミシン友の会 最新情報
南三陸ミシン工房とは?とは
ふなっしー地上降臨10周年記念特別商品について
2022.03.26
今年は、梨の妖精ふなっしーが地上に降臨してから10年となります。

それを記念して、特別なマントを羽織った分身ふなっしーを考えてみました。

明日27日(日)19時から、ご予約受付とさせていただき、発送は4月6日(水)から順次お届け予定です。

ご予約数には限りがございますので、上限に達した場合は受注生産として承ります。

※3月27日上記内容を修正→上限に達した場合はご予約ストップとなり、別に作った「受注生産専用ページ」からご注文ください。 受注生産分については、発送の目安がつき次第事前にご連絡いたしますので、お時間を頂きますがどうかご了承ください。

また、マント単体でもご注文できるように商品ページを別に作りました。

分身ふなっしー専用サイズのマントとなります。

2013年春から生産を始めた、ふなっしーのぬいぐるみ。

現在たくさん世の中に出ている、ふなっしーのぬいぐるみ第一号です。

そのため、「分身ふなっしー」という名前を頂きました。

当時は、震災から3年目でしたがまだまだこの先どうなるのか全くわからない状況が続き、3年目ともなると縫製の仕事も少なくなってきていて、しんどい時期でした。

そうしたこちらの状況でしたので、お声を掛けて頂いたときは本当に有難く思いました。

ふなちゃんのぬいぐるみ第一号が、東北の復興支援のためのものだったというのはふなちゃんがどんな梨さんなのか、その梨柄をよく表しているエピソードだと思います。

また、当時はふなちゃんのイベントでこの分身ふなっしーは販売されていたと思うのですが、お買い求めになるのが大変だったようで、こちらにもそのことについては伝わってきました。

あの頃にご購入頂きました皆様もよろしかったらぜひこのマントをご自宅の分身ちゃんに羽織わせてみてください!

商品ページは以下の通りです。

梨色マントを羽織った分身ふなっしー【ふなっしー地上降臨10周年記念】

https://bit.ly/3IFM7Ay

ふなっしーの梨色のマント単体(分身ふなっしー用)【ふなっしー地上降臨10周年記念】

https://bit.ly/3JJsU1Y

ふなちゃん、地上に降り立って多くの人に夢と笑顔を与えてくれて本当にありがとう!
 
南三陸ミシン工房